So-net無料ブログ作成
検索選択

女傑・ウオッカ イングランドのでの生活(4) [海外繋養繁殖牝馬]

4月下旬・女傑・ウオッカは、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの繁殖牝馬厩舎で、ごろんとなり、陣痛が始まっておりました。

いよいよ、女傑・ウオッカの、3回目のお産が始まりました。

これまで、女傑・ウオッカは、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シェシューン分場でお産が行われてきましたが、今回、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにきて、初めてのお産をしました。

4月23日・午前5時15分(日本時間・午後・13時15分)、女傑・ウオッカは、無事に第3仔・VODKA2013(父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・毛色・鹿毛・牝)を、無事に出産しました。

そして、女傑・ウオッカの第3仔・VODKA2013は立ち上がりました。

5月・ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの放牧場には、女傑・ウオッカとVODKA2013の、母子たちが放牧されて、過ごしておりました。

5月中旬、女傑・ウオッカは、第3仔・VODKA2013を隣接する、幼年厩舎と呼ばれる、隣接の馬房に移し、女傑・ウオッカと別れたのです。

5月下旬・ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの繁殖牝馬厩舎には、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカの姿がありました。

女傑・ウオッカは、日本で生まれ、日本で競争生活を送って来た、鹿毛のサラブレッドです。

女傑・ウオッカは、今度、6月には、今年の配合種牡馬で、昨年・現役を引退し、今年から種牡馬に加わった、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の種付け配合が予定されております。
(フランケルは、現役時代・イギリスフランスで、14戦14勝無敗の成績を送り、チャンピオンステークス・1着を最後に、現役を引退した、T・クゥイリー騎手が主戦騎手として出走させた、イギリス生まれのサラブレッドです。)

第3仔・VODKA2013は、2015年には日本で競争馬デビューが予定されている他、来年の春に出産が予定されている、VODKA2014は、2016年にはやはり、日本で競争馬デビューするよていになっております。

今年の4月に、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(アイルランド)から、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにやって来て、現在も、同場で繋養繁殖牝馬として生活を送っている、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、これが、女傑・ウオッカです。

今年の6月に、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の種付け交配が予定されている、女傑・ウオッカの、繁殖牝馬としての、更なる活躍を期待したいと想い、願っております。


VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」


VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」


(終)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: