So-net無料ブログ作成
検索選択

女傑・ウオッカ まる10歳の誕生日を迎えました。 [海外繋養繁殖牝馬]

すっぴんで、かわいい鹿毛の馬で、2010年から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで繁殖牝馬として送っており、昨年の3月からは隣国・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドに出張繋養生活を送っている、女傑・ウオッカが、4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・10歳の誕生日を迎えました。

10年前の2004年4月4日・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)のカントリー牧場(2012年3月31日で閉鎖・解散)で生まれた、女傑・ウオッカは、幼年時代を過ごしており、産地馬体検査と受検と同時に預託された、栗東・角居勝彦厩舎の所属馬として、2010年3月18日(日本時間・3月19日)付で、競走馬登録を抹消されるまで、26戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に選出されるなど活躍しました。
(女傑・ウオッカは、引退後、2011年度の顕彰馬にも選出されました。)

女傑・ウオッカは、2010年から繁殖牝馬として、アイルランドで繋養生活を送っており、昨年からは隣国・イギリスにも出張しており、すでに3頭の仔馬を出産しております。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

VODKA「ブルルルルルル。」

ウオッカは、大きくいななきました。

ウオッカは、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、かわいくて、たくましい競走馬として成長してきた、鹿毛の馬です。

ただ、昨年・7月9日、女傑・ウオッカの母・タニノシスターが、老衰のため、牝・20歳(人間に例えれば、60~70歳前後)で息を引き取っております。

3頭の仔馬のうち、初年度産駒・VODKA2011は、ボラーレ(Volare=飛び立ちなさい)の競争名で、競走馬デビューしており、昨年は1年目産駒・VODKA2012が来日した処であり、2年目産駒・VODKA2013も、今年の秋には、オランダ・スキポール空港(アムステルダム)発の飛行機で外国産馬の逆輸入馬として、初来日する事になっているとの事です。


牝・10歳となった、今年・配合種牡馬が、昨年と同様にフランケル(FRANKEL)となっており、3月16日(日本時間・3月17日)に、無事・受胎し成功しました。
(女傑・ウオッカは、昨年・世界最強馬・フランケルと種付け交配し、いったんは成功したものの、流産していました。)

そして、女傑・ウオッカは、4月4日(日本時間・4月5日)に、牝・10歳の誕生日を迎えたのです。

現在も繁殖牝馬として、海のむこうのヨーロッパで繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ、2015年には、待望のフランケルを父に持つ産駒が生まれる予定になっており、今後の推移を見守りたいと想い、願っております。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。