So-net無料ブログ作成
検索選択

ハットトリック IN GAINESWAY FARM 2014 [海外繋養種牡馬]

Link Page GAINESWAY FARM
http://www.gainesway.com/

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

2001年4月26日・サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔として、北海道・追分町(現・安平町)の、追分ファーム産の、日本産馬で、現在も、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で種牡馬として繋養生活を送っている、青鹿毛馬・ハットトリック、世界で種牡馬として活躍する、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルルルル。」

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1選手が1試合で3得点以上を挙げる事の意味です。

毛艶のいい青鹿毛の馬体、いい色のたてがみ、顔のいい馬で、たくましい体を持つ、青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルルルル、フーーーーー!」

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、ハットトリックは、現役時代・キャロットファームの所有馬として、中央競馬で21戦8勝の成績を残した、青鹿毛馬です。

2004年5月8日・東京競馬場のサラ系3歳未勝利戦でデビューを果たした、ハットトリックは、他の馬を抑えて、初勝利を挙げ、以後・2007年5月8日に現役を引退するまで、マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど制覇するなどとして、短距離馬として活躍を見せており、2005年には最優秀短距離馬にも選出され、マイラーチャピオンホースにもなりました。

ハットトリックが、デビューを果たした当時は、美浦・清水美波(しみず よしなみ)・厩舎所属の関東馬として活躍を始めましたが、放牧休養中の間に、栗東・角居勝彦(すみい かつひこ)・厩舎所属の関西馬になり、ナリタブライアンメモリアルなどでも優勝するなどとして、競走馬として活躍しました。

関東の東京競馬場にも遠征し、東京新聞杯にも出走して1着となったり、スポーツニッポン賞・金杯(西・京都金杯)などにも優勝するなど活躍した時期もありました。

2007年4月6日・読売マイラーズカップに出走した後、安田記念にむけて調整中、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として送れる様、種牡馬としてスタッドインしてほしいというオファーが、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクににある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)&HAT TRICK PATNERS(ハットトリック・パートナーズ)から出されたとの事で、それに対し、馬主のキャロットファームも応じ、関係者との協議の結果、現役引退を決め、5月8日に発表され、5月10日付けで競走馬登録を抹消し、現役生活に終止符を打ちました。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリックは、宮城県・亘理郡・山元町にある、山元トレーニングセンター(すでに閉鎖。)にて、出国検疫検査を受けた後、5月27日、飛行機で、種牡馬として生活を送る、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)にむけて、飛び立ちまして、二度と戻ることの無い、日本を後に渡航しました。
(その2へ。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。