So-net無料ブログ作成
検索選択

VODKA2012の馬名・Case By Case(ケースバイケース)に。 [女傑・ウオッカの産駒]

2012年4月24日・午前10時45分(日本時間・18時45分)に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・シェシューンで、女傑・ウオッカの第2仔として生まれ、昨年の秋に、オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で来日し、北海道・浦河町の、吉澤ステーブルにて育成されていて、その後・吉澤ステーブル・WESTに移動して育成されている、女傑・ウオッカの第2仔・VODKA2012(ウオッカの2012年産駒)が、今週中に所属厩舎となる、角居勝彦(すみいかつひこ)厩舎(栗東)に入厩することになりますが、競走馬名がケースバイケース(Case By Case)で、登録されていることが、判明しました。

もし、決定されれば、角居勝彦(すみいかつひこ)厩舎に所属する、女傑・ウオッカの産駒では、ケースバイケースが2頭目になり、ウオッカを母に持つ牝馬は初めてのケースになります。

今回、ケースバイケース(Case By Case)で登録された、VODKA2012は、2013年に初来日した牝馬のサラブレッドで、父がシーザスターズとなっている、黒鹿毛の馬です。

ケースバイケース(VODKAの2012)の母・ウオッカは、現在・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(シェシューン)にて繁殖牝馬として繋養生活を送っている、父・タニノギムレット・母・タニノシスター(2013年7月6日・死去)の仔馬で、今年の4月4日(日本時間・4月5日)で牝・10歳になったばかりであり、2013年からは、イギリス・サセックス州・ニューマーケットの、ジュモントファーム・バンスデッド・マナースタッドに出張繋養生活中であり、今年の3月には、世界最強馬・FRANKEL(フランケル)との種付け交配に挑み、受胎して成功、現在は来年の出産にむけて、マタニティライフをしております。

もう1頭の産駒・VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)は、今年の秋にも、オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で日本へ渡航され、外国産馬の逆輸入馬として来日する予定です。

遂に、ケースバイケースという、馬名にて登録された、VODKA2012の活躍を期待したいと想い、願っております。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。