So-net無料ブログ作成
検索選択

女傑・ウオッカ(VODKA)が、顕彰馬に選出される。 [往年の競走馬(牝馬)]

現役時代・ジャパンカップなど、22戦10勝の成績を上げるなど活躍した、美しく、綺麗で、かわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカ(VODKA・牝・7歳・毛色・鹿毛・2004年4月4日生まれ。)が、このほど、平成23年度の顕彰馬に選定されたことが、判明しました。

牝馬が、顕彰馬に選定されたのは、昭和62年(1987年)度の、メジロラモーヌ以来、24年ぶりのことです。

ウオッカは、得票数・157票の、記者投票を集めたこと、牝馬としては、平成19年(2007年)に、東京競馬場で行われた、第73回・日本ダービー(東京優駿)で、64年ぶりに制覇した事、2008・2009年の、JRA賞・年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に、連続して受賞した事が評価され、このほど、顕彰馬に選定されました。

女傑・ウオッカ(VODKA)は、父・タニノギムレット・母・タニノシスターで、北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)・静内の、カントリー牧場の自家生産馬、2歳の時の、2006年10月29日・京都競馬場で行われた、メイクデビュー京都(サラ系2歳新馬戦)・1着で、栗東・角居勝彦厩舎から、競走馬デビューを果たし、その後、2010年3月18日(日本時間・3月19日)に競走馬登録を抹消するまで、阪神ジュベナイリーズフィリーズ・チューリップ賞・日本ダービー(東京優駿)・ヴィクトリアマイル・安田記念(2回)・天皇賞・秋・第29回・ジャパンカップなど、国内で22戦10勝、海外でも4戦0勝を挙げた実力派牝馬で、2006年の、JRA賞・最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の、JRA賞・年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に連続して選定されており、2007年には、特別賞にも選定され、受賞するなど活躍しましたが、2010年3月4日(日本時間・3月5日)に、ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイ・ワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3で、レッドディザイアの8着に終わったのを最後に、鼻出血症がもとで、惜しまれつつ現役を引退しました。

現在は、アイルランド・キルデア近郊の、ギルタウンにある、ギルタウンスタッド(GILLTOWN STUD)で、2010年の4月1日(日本時間・4月2日)から、繁殖牝馬として、女傑・ウオッカ(VODKA)は、繋養生活を送っており、同年の6月3日(日本時間・6月4日)になり、凱旋門賞馬・シーザスターズ(SEATHESTARS)との間で、3度目の種付け交配で、受胎が確認され、成功し、今年の5月2日(日本時間・5月3日)には、13日遅れで、初年度産駒の、ウオッカの2011(VODKA2011・牡・毛色・黒鹿毛)を、無事に出産したところで、繁殖牝馬入りから1周年を迎えた、今年度も、凱旋賞馬・シーザスターズ(SEATHESTARS)を、配合種牡馬として、種付け交配を行うことになっており、女傑・ウオッカ(VODKA)の、1年目産駒の、無事・出産、誕生を期待したいと想い、願っています。

今年の、6月26日に、阪神競馬場で、ウオッカ(VODKA)の、顕彰馬選出記念セレモニーが、行われる様で、馬主の谷水雄三・カントリー牧場・代表(株式会社・タニミズ企画・代表取締役社長)のほか、管理調教師の、角居勝彦調教師(栗東・ウオッカ(VODKA)が、現役時代にお世話になった調教師)なども出席して、盛大に行われるようです。

今回・顕彰馬に選定された、女傑・ウオッカ(VODKA)が、繁殖牝馬としての、さらなる活躍を、期待したいと想い、願っています。
nice!(0)  コメント(0)