So-net無料ブログ作成
検索選択

ハットトリック(HAT TRICK) ゲインズウェイファームに到着、2012年の種牡馬シーズンから新生活を送ることに。 [種牡馬]

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔で、2008年から、3年間・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で種牡馬として繋養され、オーストラリア・アルゼンチンにも半年間、シャトル種牡馬として繋養生活を送った、青鹿毛のサラブレッド・HAT TRICK=ハットトリックが、このほど、11月初旬に、同じアメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、11月中旬に、3年間・繋養生活を送った、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)を出発、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に移動し、到着しました。

HAT TRICK=ハットトリックは、2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1の、追分ファーム生産の青鹿毛馬で、現役時代・中央競馬で、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフイック香港マイル(香港瓶)など、21戦8勝の成績を残しており、2005年の最優秀短距離馬にも選定されましたが、2007年5月8日には、惜しくも現役を引退、同年の5月10日付で登録を抹消されました。

引退後の、HAT TRICK=ハットトリックは、山元トレーニングセンターにて出国検疫検査を受け、5月27日・飛行機で名残惜しい日本を後に海を渡りました。

HAT TRICK=ハットトリックは、2008年から、3年間・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で、種牡馬として繋養されたほか、ここを拠点として、オーストラリア・アルゼンチンにも、シャトル種牡馬として半年間繋養されました。

種牡馬として繋養繋養生活を開始した、HAT TRICK=ハットトリックの、繋養生活開始当初は、15000ドルの種付け料で開始ましたが、その後、6500ドルに減額され、今年度は、6000ドルで、繋養生活を送っていました。

初年度産駒の1頭・DABIRSIM(ダビルシム)が、フランスの重賞競走の、カブール賞・モルニ賞・ジャン・リュック・ラガルデール賞などを制覇、5戦5勝無敗での成績を残す等活躍し、2011年のカルティエ賞・最優秀2歳牡馬に選定され初受賞するなどとして輩出するなどの活躍を見せた、HAT TRICK=ハットトリックの活躍ぶりを聞きつけた、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)は、HAT TRICK=ハットトリックを、2012年の種牡馬シーズンから新繋養馬として送ってほしいという、要請のオファーを出したことに対して、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)もそれに応じ、今後の対応について協議した結果、3年間・種牡馬として繋養し、シャトル種牡馬として繋養生活も送った事も考慮して、HAT TRICK=ハットトリックを手放すことにしました。

この間の、4月26日(日本時間・4月27日)には、HAT TRICK=ハットトリックは、牡・10歳の誕生日を迎え、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)にて、お祝い会を行い、HAT TRICK=ハットトリックの牡・10歳の誕生日のお祝いをしました。

11月初旬・WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)にいた、HAT TRICK=ハットトリックですが、遂に、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却・移動されることになった様で、2012年の種牡馬シーズンから、新生活を送って行くことになっており、HAT TRICK=ハットトリックは、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)の放牧場で、最後の放牧をしておりました。

HAT TRICK=ハットトリック 「パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、ケンタッキーの大地を大きい脚で、蹴って走っていました。


WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)の種牡馬厩舎にいた、ハットトリックは、「ブルルルルルル。」と、大きい鼻息を鳴らしていました。

ハットトリックは、青鹿毛の馬体を振らせながら、見つめていました。

いよいよ、HAT TRICK=ハットトリックが、2008年から種牡馬として、3年間・繋養生活を送った、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)を去る日が来ました。

朝・種牡馬厩舎で、ハットトリックは、「ヒュヒュヒュ~ン!」という雄叫びで鳴きながら、起きてくれました。

ハットトリックは、最後のいい餌を、食んでやりました。

「モグ、モグ、モグ。」

ハットトリックは、ウオルマックファームの種牡馬厩舎で、いい空気をすいながら、見つめていました。

もう、二度と、ウオルマックファームには、来ることもない、ハットトリックですが、もし、寂しいそうになったら、ウオルマックファームに戻って、生活してほしいと、願っていますが、お隣のゲインズウェイファームも、ウオルマックファームと同じく、レキシントン近郊・パリスパイクにある、アメリカ・ケンタッキー州で、優秀の牧場であることに、変わりがない牧場です。

「ウーーーーーーーー!」

ハットトリックが、呻き声を鳴らしながら、尻尾を、あげていました。

「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きくて、気持ちいい、緑色のうんこを出してやりました。

ハットトリックが、ウオルマックファームに来た時から、放牧場で、うんこを出しては、体を整えていました。

ハットトリックは、美しく、綺麗な、青鹿毛の馬です。

ハットトリックは、綺麗なたてがみをふらしながら、見つめていました。

いよいよ、ハットトリックは、2007年6月の終わりに来て以来、ずっと暮らしてきた、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)の種牡馬厩舎を出て、馬運車に乗りこみました。

「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄叫びで、長く住んでいた、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)に別れのいななきを、鳴らしてやりました。

「ブルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息で、鳴らしながら、満足した、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)に別れを告げました。

青鹿毛の馬・ハットトリックは、2007年6月の終わりに来て以来、過ごしてきた、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)を出発、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に移動しました。

GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に到着した、HAT TRICK=ハットトリック、ここで、馬運車を降り、着地検査を受けた後、2012年から新生活を送る、HAT TRICK=ハットトリックの新しい厩舎に入りました。

「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルル。」

ハットトリックは、大きい雄叫びと鼻息で、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)の新しい種牡馬厩舎の居ごごちを確かめては、過ごしていました。

HAT TRICK=ハットトリックが、2012年から、新繋養馬として生活を始める、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)には、アフリートアレックス・アフリートエクスプレス・コリンシアン(METマイル・優勝馬)・スモークグリュッケン・タピットが繋養されています。
(2006年までは、サンデーブレイクが、ここで繋養されていましたが、2007年に、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)に移動し、繋養された後、2009年から、フランス・グランカン牧場に移動し、現在は、同じ、フランスの、ラ・エ・ヌーヴ牧場で供用生活中です。)

GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)のスタッフが、「HAT TRICK s WELCOM TO THE GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM」と、歓迎の言葉を言うと、HAT TRICK=ハットトリックは、「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル」といななき、鼻息を鳴らしました。

ハットトリックは、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)の、新しい厩舎で、心地よい生活に慣れてくれました。

11月18日(日本時間・11月19日)に、HAT TRICK=ハットトリックは、同馬の、歓迎を祝う、オープンハウスに参列し、ゲインズウェイファーム初登場の、HAT TRICK=ハットトリックは、ブリーダーの前に登場しました。

ハットトリックは、脚を上げながら、「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」という大きい雄叫びで、いななきながら、ブリーダーの前で、健在ぶりをアピールしました。

GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)を訪れた、ブリーダー達は、初登場の、HAT TRICK=ハットトリックに関心を持っていました。

HAT TRICK=ハットトリックは、ブリーダー達を関心を持った、オープンハウスを無事に、終了させ、同場の、種牡馬厩舎に戻り、疲れを癒しました。

HAT TRICK=ハットトリックが、2012年の種牡馬シーズンから、新生活を送る、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)での、種付け料は、15000ドルになりそうです。


牡・11歳の、逞しい、青鹿毛のサラブレッドになり、逞しい男馬に成長を遂げる、2012年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)での、新生活を送る、HAT TRICK=ハットトリックの、今後の活躍を、期待したいと想い、願っています。


GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム 英語のページです。)
http://www.gainesway.com/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

HAT TRICK(ハットトリック) 2012年から、GAINESWAY THOROUGH BRED STUD FARMで、新生活。 [種牡馬]

HAT TRICK WALMAC FARM LLC 2011.jpgGAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(英語のページ)
http://www.gainesway.com/

2007年に日本から輸入され、2008年から、3年間・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で繋養され、ここを拠点として、オーストラリア(インディペンデントスタリオンズ)・アルゼンチン(エルマリン牧場)にて、半年間・シャトル種牡馬として繋養された、サンデーサイレンスの後継種牡馬・HAT TRICK(ハットトリック)が、このほど、11月上旬になり、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、お隣のGAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、2012年の種牡馬シーズンから同場で、新生活を送ることが判明しました。

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味である、青鹿毛の馬、それがハットトリックです。

ハットトリックは、2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1の、追分ファームで、父・サンデーサイレンス・母・トリッキーコードの間に生産された、トリッキーコードの2001が血統名のサラブレッドです。

ハットトリックは、現役時代・キャロットファームの所有馬として、美浦・清水美波・栗東・角居勝彦 両厩舎に所属し、2007年5月8日に現役を引退するまで、中央競馬で、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフイック香港マイルなど、通算で、21戦8勝を挙げるなど活躍、2005年のJRA賞・最優秀短距離馬に選定されました。

その後、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊 パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)など、海外の牧場から、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として繋養生活を送れるよう、種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請のオファーに、馬主のキャロットファームが応じ、2007年5月10日付で競走馬登録を抹消、山元トレーニングセンターでの出国検疫検査をへて、同年の5月27日に、飛行機で名残惜しい日本を後に海を渡りました。

2007年6月の終わりに、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に到着した、ハットトリックは、2008年から、種牡馬として繋養生活を開始し、多くの牝馬に種付けを行ったほか、シャトル種牡馬として、オーストラリア・アルゼンチンにも半年間、繋養生活を送っていました。

ハットトリックは、今年の4月26日(日本時間・4月27日)に、牡・10歳の誕生日をWALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で迎えました。

ハットトリックを父に持つ産駒は、世界中に広がりましたが、中でも、今年の6月に、フランスで競走馬デビューを果たし、カブール賞・モルニ賞を制覇し、10月2日(日本時間・10月3日)に、ロンシャン競馬場で行われた、第152回・ジャン・リュック・ラガルデール賞を制覇し、2011年のカルティエ賞・最優秀2歳牡馬に選出された、DABIRSIM(ダビルシム・母・ルモレード(RUMORED・フランス語読みでは、ルーマード)・サイモン・スプリンガー氏(フランス)・所有・C・フェルランド厩舎(フランス)・所属・2009年2月5日生まれ・フランス産馬)は、ハットトリックの代表産駒の1頭の1つで、ハットトリック産駒初の、重賞初制覇を果たした馬になりました。

DABIRSIM(ダビルシム)の活躍ぶりで、HAT TRICK(ハットトリック)の種牡馬としての評価が挙がった事を聞きつけた、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウエイファーム)が、HAT TRICK(ハットトリック)を、2012年の種牡馬シーズンから、新繋養馬として送ってほしいというオファーを出し、これに対し、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)も応じ、遂に3年間・新種牡馬として繋養生活を送ってきた、HAT TRICK(ハットトリック)を手放すことになりました。

ハットトリックは、11月中旬・3年間繋養生活を送って来た、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、お隣の、GAINES WAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に移動し到着、11月18日(日本時間・11月19日)に同場で行われた、オープンハウスには、ゲインズウェイファーム初登場の、HAT TRICK(ハットトリック)に、ブリーダーたちの関心を集めていました。

牡・11歳の逞しい青鹿毛のサラブレッドに成長する、2012年の種牡馬シーズンから、GAINESWAY THOROIUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)で、新生活を送ることになる、サンデーサイレンスの後継産駒・HAT TRICK(ハットトリック)の、今後の活躍を期待したいと想い、願っています。