So-net無料ブログ作成
検索選択

KITTINS’JOY STEAKS(キティンズジョイステークス・1月21日(日本時間・1月22日) アメリカ・ガルフストリームパーク競馬場) [海外競馬]

アメリカの往年の競走馬で、現在も、ケンタッキー州の、ラムジーファームで、種牡馬として活躍中の、KITTINS' JOY(キティンズジョイ USA・KY)の功績をたたえて新設された、KITTINS'JOY STEAKS(キティンズジョイステークス)が、1月21日(日本時間・1月22日)に、アメリカ・フロリダ州・ハランデールにある、ガルフストリーム競馬場で行われ、エドガー・プラド騎手騎乗の、HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)が、遂に優勝、2着には、LUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)が入り、3着には、このレースの由来にもなった、KITTINS'JOY=キティンズジョイ(USA・KY)産駒の、EMPIRE BULLDER=エンパイアビルダー(USA・KY)が入りました。

KITTINS'JOYSTEAKS(キティンズジョイステークス)の優勝馬・HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)は、父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)・母・GINGER SEA=ジンジャーシー(SAF)で、2着のLUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)は、父・HIGH CHAPARRAL=ハイパシャハラル(IRE)・母・GERMANE=ジャーマーネー(GB)で、いずれも、TEAM VALOR INTERNATIONALの所有・H MOTION 厩舎の所属の下、現役競走馬として走らせている3歳のサラブレッドで、生産者が、HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)が、BARRY  LIWIN氏で、2着の、LUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)が、ALLEVAMENTO GIALLOBLU S R Lで、いずれも2009年生まれの3歳馬です。

HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)の父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)は、現役時代・キャロットファームの所有馬として、日本の中央競馬で、未勝利戦・牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞・金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・第22回・マイルチャンピオンシップ・香港マイルなど、21戦8勝の成績を残し、2005年の最優秀短距離馬に選定されるなど活躍しましたが、2007年5月8日に現役を引退、2008年から種牡馬として、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で繋養生活を開始し、同時にシャトル種牡馬として、オーストラリア・アルゼンチンで繋養生活を半年間送り、牡・10歳になった、昨年・11月初旬には、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、GAINES WAY FARM (ゲインズウェイファーム)売却、11月中旬には同ファームへ移動、2012年から、同ファームで繋養生活を開始し、現在も活躍中です。

一方・2着のLUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)の父・HIGH CHAPARRAL=ハイパシャハラル(IRE)は、現役時代・マイケル・タポール氏の所有馬として、レーシングポストトロフィー・エプソムダービーなどに優勝するなど、アイルランド・イギリスで競走馬として活躍した他、BCターフ(1着)に2回参戦する為、アメリカに遠征したり、凱旋門賞(フランス)では、2回遠征して3着が2回という成績を残しており、現在も、アイルランドのクールモアスタッドで、種牡馬として活躍中です。

KITTINS'JOYSTEAKS(キティンズジョイステークス)の優勝馬、HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)は、父・HAT TRICK=ハットトリック(JPN)の初年度産駒の1頭で、前走・12月15日(日本時間・12月16日)に、アメリカ・フロリダ州・ハランデールにある、ガルフストリームパーク競馬場で行われた、アローワンス(一般戦)で1着となり、デビューを果たして、今回が2戦目であり、HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)は、KITTINS' JOY STEAKS(キティンズジョイステークス)制覇で、2勝目を挙げ、2戦2勝となりました。

一方・LUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)は、今回がデビュー戦でしたが、2着に終わり、初勝利はなりませんでした。

KITTINS'JOYSTEAKS(キティンズジョイステークス)の優勝馬・HOW GREAT=ハウグレート(USA・KY)と、2着のLUCKY CHAPPY=ラッキーチャッピー(IRE)の、今後の活躍を期待したいと想い、願っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

HAT TRICK=ハットトリック GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で、新生活を開始。 [海外繋養種牡馬]

2007年6月に、日本から輸入され、翌2008年から3年間に渡り、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)で種牡馬として生活と同時に、シャトル種牡馬として、半年間・オーストラリア・アルゼンチンで繋養生活を送るなど活躍してきた、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔・HAT TRICK=ハットトリック(イギリス語で、1選手が1試合で3得点以上をあげること(サッカー用語)・2001年4月26日生まれ・日本(追分ファーム・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町) )産・牡・11歳・血統名・トリッキーコードの2001)が、11歳の本年から、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)で新生活を始めました。

牡・10歳の、昨年・11月上旬・ゲインズウェイファームに売却された、ハットトリックは、現役時代・日本で、21戦8勝を挙げ、2005年の最優秀短距離馬にも選定されて受賞するなど活躍、2007年には種牡馬として、アメリカに輸入され、翌2008年から、ウォルマックファームで4年間、繋養生活を送り、2008年の夏から、2009年の冬までは、オーストラリアで、2009年~2010年の半年間は、アルゼンチンで繋養されるなど活躍してきました。

昨年の11月中旬に、4年間・繋養された、ウオルマックファームを離れ、ゲインズウェイファームにやってきた、ハットトリックは、オープンハウスで、ブリーダーの関心を持っていました。

明けて、牡・11歳になった、ハットトリックは、本年から、GAINES WAY(ゲインズウェイファーム)での、新生活を始めました。

HAT TRICK=ハットトリック 「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」

GAINES WAY FARM (ゲインズウェイファーム)の、種牡馬厩舎に、昨年11月中旬・WALMAC FARM LLC(ウオルマックファーム)から移動し、入厩した、ハットトリックは、隣とはいえ、いい鼻息を鳴らしてました。

翌朝・GAINES WAY FARM (ゲインズウェイファーム)の、放牧場に連れていった、ハットトリックは、手綱を外したのと同時に、走りだしました。

HAT TRICK=ハットトリック 「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

ハットトリックは、大きく雄叫びを鳴らして、脚で、ケンタッキーの大地を蹴って、走りだしてやりました。

HAT TRICK=ハットトリック 「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

HAT TRICK=ハットトリック「パカッ。」

ハットトリックが、柵に止まった時、大きい声でいなないては、鼻息を鳴らしており、ヒュヒュヒュヒュ~ンとか、ブルルルルルルルルル鳴いていました。

水を飲んだ時には、おしっこを、バシャーーーと、放尿したり、餌や牧草を、はんでは、尻尾をあげて、ボトボトと、うんこをだしては、体作りをあげたりしました。

ハットトリックは、ゲインズウェイファームでの新生活にも慣れて、送り出していました。

本年のシーズンから、GAINES WAY FARM(ゲインズウェイファーム)での新生活を開始した、ハットトリック、今後とも、ハットトリックの、種牡馬としての活躍を期待したいと想い、願っております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬