So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ・ネブラスカの競馬にも、ハットトリック産駒が登場。 [海外競馬]

ぼくの大好きな応援馬として見守っております、ハットトリックの1年目産駒・トリプレッタ(Tripletta=イタリア語で、ハットトリックという意味・父・ハットトリック・母・ドリーボンズレガシー・毛色・青鹿毛・牡・2歳・2010年2月22日生まれ・追分ファーム(北海道・勇払郡・安平町・追分向陽1233-1)・生産・栗東・角居勝彦厩舎・所属・血統名・ドリーボンズレガシーの10)は、4月17日の入厩以来、ゲート練習などを、連日こなしており、今度ゲート試験を受けるなどとして、競走馬デビューをしていくことになっており、今後・トリプレッタ(Tripletta=イタリア語で、ハットトリックという意味・血統名・ドリーボンズレガシーの10)を、大好きな応援馬として期待し、見守っててほしいと想い、願っております。


そんな最中の矢先、またもやハットトリックの産駒が、新たに勝利を果たしたという一報が、アメリカから、飛び込んで来ました。


ハットトリックの初年度産駒の1頭・MISS SLAP SHOT(母・FOXY RED・血統名・FOXY REDの09)がそれであり、4月21日(日本時間・4月22日)・アメリカ・ネブラスカ州・FONNER PARK競馬場で行われた、MAIDEN SPECIAL WEIGHT(未勝利戦)に、ゼッケン4番で出走し、2着のTOUH OF SOUP以下を抑えて優勝しました。

今年・アメリカ競馬を制覇した、ハットトリック産駒では、HOW GREAT=ハウグレートが、1月21日(日本時間・1月22日)に行われた、キティンズジョイステークス・3月11日(日本時間・3月12日)に行われた、パームビーチステークス(いずれも、フロリダ州・ガルフストリームパーク競馬場で行われた。)を制覇したのをはじめ、3月25日(日本時間・3月26日)には、EMONA(エモナ)が、ゴールデンゲートブリッジ競馬場で行われた、MAIDEN SPECIAL WEIGHT(未勝利戦)を制覇しており、この年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gaineway Farm(ゲインズウエイファーム・HP・http://www.gainesway.com/)で、新繋養馬として新生活を送っている、4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・11歳の誕生日を迎え、種牡馬生活を開始してから5周年という記念すべき年の、種牡馬シーズンを送る、ハットトリックの産駒の活躍は、これからも続きそうです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。