So-net無料ブログ作成
検索選択

VODKA2011が、初来日。 [女傑・ウオッカの産駒]

2011年5月2日(日本時間・5月3日)・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊 ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンでカントリー牧場(今年の3月末で閉鎖・解散)の名義で生産された、黒鹿毛で、初年度産駒の、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味・父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・母・女傑・ウオッカ・牡・1歳・毛色・黒鹿毛)が、10月31日・午後、新東京国際空港(千葉県成田市)に到着した飛行機で、初来日しました。

VODKA2011は、今年の10月上旬まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(AGA KHAN STUD GILLTOWN・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン)にて、幼年時代を送って来たもので、10月13日(日本時間・10月14日)に、同場を馬運車で出発し、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットで出国検疫検査を受けた後、オランダ・アムステルダム・スキポール空港に移動し、10月30日(日本時間・10月31日)・オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で日本への渡航をへて、10月31日の午後・新東京国際空港(千葉県・成田市)に無事に到着し、初来日しました。

新東京国際空港(千葉県・成田市)に到着した、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味。)は、2週間の着地検査を受ける為、動物検疫検査所(神奈川県・横浜市)へ移動し、現在も滞在生活を送っております。

今後・VODKA2011は、北海道・浦河郡・浦河町の吉澤ステーブルで、競走馬訓練などの育成をへて、牡・2歳になる来年の夏か秋には競走馬デビューをすることになっており、所属厩舎も、母・女傑・ウオッカが、現役時代にお世話になった、栗東・角居勝彦厩舎に入厩し、預託生活を送ることになっております。

又、アガ・カーンスタッド・ギルタウンには、2012年4月24日に、アガ・カーンスタッド・シェシューンで、安産にて出産した、VODKA2012(ウオッカの2012年産駒という意味・父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・母・女傑・ウオッカ・毛色・鹿毛・牝・当歳)が、在厩し、幼年時代を送っておりますが、来年の秋には、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット・オランダ・アムステルダム経由で、日本へ輸入され、来日することになっております。

アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン生まれの、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味。)が、外国産の逆輸入馬として、競走馬デビューをすることが出来るのか、期待したいと想い、願っております。

VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味)の馬名は、Volare=ボラーレに。(


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。