So-net無料ブログ作成
検索選択

女傑・ウオッカ イングランドのでの生活(4) [海外繋養繁殖牝馬]

4月下旬・女傑・ウオッカは、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの繁殖牝馬厩舎で、ごろんとなり、陣痛が始まっておりました。

いよいよ、女傑・ウオッカの、3回目のお産が始まりました。

これまで、女傑・ウオッカは、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シェシューン分場でお産が行われてきましたが、今回、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにきて、初めてのお産をしました。

4月23日・午前5時15分(日本時間・午後・13時15分)、女傑・ウオッカは、無事に第3仔・VODKA2013(父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・毛色・鹿毛・牝)を、無事に出産しました。

そして、女傑・ウオッカの第3仔・VODKA2013は立ち上がりました。

5月・ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの放牧場には、女傑・ウオッカとVODKA2013の、母子たちが放牧されて、過ごしておりました。

5月中旬、女傑・ウオッカは、第3仔・VODKA2013を隣接する、幼年厩舎と呼ばれる、隣接の馬房に移し、女傑・ウオッカと別れたのです。

5月下旬・ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドの繁殖牝馬厩舎には、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカの姿がありました。

女傑・ウオッカは、日本で生まれ、日本で競争生活を送って来た、鹿毛のサラブレッドです。

女傑・ウオッカは、今度、6月には、今年の配合種牡馬で、昨年・現役を引退し、今年から種牡馬に加わった、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の種付け配合が予定されております。
(フランケルは、現役時代・イギリスフランスで、14戦14勝無敗の成績を送り、チャンピオンステークス・1着を最後に、現役を引退した、T・クゥイリー騎手が主戦騎手として出走させた、イギリス生まれのサラブレッドです。)

第3仔・VODKA2013は、2015年には日本で競争馬デビューが予定されている他、来年の春に出産が予定されている、VODKA2014は、2016年にはやはり、日本で競争馬デビューするよていになっております。

今年の4月に、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(アイルランド)から、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにやって来て、現在も、同場で繋養繁殖牝馬として生活を送っている、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、これが、女傑・ウオッカです。

今年の6月に、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の種付け交配が予定されている、女傑・ウオッカの、繁殖牝馬としての、更なる活躍を期待したいと想い、願っております。


VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」


VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」


(終)

女傑・ウオッカ イングランドのでの生活(3) [海外繋養繁殖牝馬]

2013年の4月4日(日本時間・4月5日)・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドで、女傑・ウオッカのバースデーが行われ、同スタッドのスタッフがお誕生日お祝いしました。


スタッフ「VODKA、お誕生日、おめでとう。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

ウオッカは、大きいいななきで、お誕生日をよろこびました。

VODKA「ムフ、ムフ。」

ウオッカは、呻き声もしていました。

翌日、女傑・ウオッカは、厩舎の中にいました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン。」

ウオッカは、大きいいななきで、こたえていました。

放牧場に放された、女傑・ウオッカは、走ることはないが、足で歩めていました。

VODKA「カポ、カポ、カポ、カポ。」

厳しい環境にさらされている、イングランドの牧草で、ウオッカは、かわいい鹿毛の馬らしく放牧されていました。

2011年5月2日(日本時間・5月3日)に、女傑・ウオッカは、初年度産駒・VODKA2011を産んでから、2年がたち、女傑・ウオッカは、昨年に続いて、凱旋門賞馬・シーザスターズと種付け交配に成功したのです。

女傑・ウオッカも、この時は、アイルランドで、マタニティライフを送り、3月まで過ごしておりました。

女傑・ウオッカが、繁殖牝馬として、アイルランドに来てから、3年。

今回、女傑・ウオッカは、初めての英国での生活、すっぴんでかわいい鹿毛の馬にとって、厳しい環境での、生活をするのでしょうか。

ウオッカの第3仔の誕生は、どうなるのでしょうか。

VODKA「カポ、カポ、カポ、カポ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン。」
(その4へ。)

女傑・ウオッカ イングランドのでの生活(2) [海外繋養繁殖牝馬]

すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカは、2010年3月16日(日本時間・17日)に、繁殖牝馬としてスタッドインして以来、ずっと暮らしている、アガ・カーンスタッド・ギルタウンを離れての生活になれ、戯れている、北海道・静内産の牝馬のサラブレッドです。

アイルランドから海を渡ってきた、女傑・ウオッカ、さらに長い道のりを走って、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドに到着、ここで馬運車を降り、繁殖牝馬厩舎に入りました。

3年前の、女傑・ウオッカは、遠征先のドバイから、飛行機で、イギリス・ヒースロー空港に行き、ここから馬運車で、サフォーク州・ニューマーケットのサウスフィールドステーブルに1泊の為滞在しました。

3年後の、今年になって、念願のイギリス生活がスタートすることになったのです。

VODKA「ブルルルルルルル。」

スタッフ「VODKA、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドへようこそ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン」

スタッフ「VODKA、今日から、ここで暮らそう、昨年まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで凱旋門賞馬・SEATHESTARSと、種付け交配して受胎し、マタニティライフを送って来たね、これから、無事に出産するシーンもあるが、お産には慎重に安産をして行こうと想うから、元気に暮らして行こう、なあ、VODKA、よろしく」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

繁殖牝馬の厩舎内で、ウオッカは、牧草を鳴らしていました。

VODKA「ザー、ザー、ザー」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」

ウオッカは、大きく、いななきました。

女傑・ウオッカは、タニノギムレットとタニノシスターの仔、かわいく、すっぴんな、鹿毛の牝馬、これが、女傑・ウオッカです。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン。」

4月4日(日本時間・4月5日)、女傑・ウオッカは、牝・9歳の鹿毛のサラブレッドに成長しました。

女傑・ウオッカは、北海道の日高山脈の大地に生まれ、育まれた、鹿毛のサラブレッド、これが女傑・ウオッカです。

ただ残念なことに、鹿毛のサラブレッド、女傑・ウオッカの生産牧場・カントリー牧場が2012年3月末で惜しくも閉鎖・解散し、1963年(昭和38年)の開設以来、48年の牧場経営に終止符を打ちました。

女傑・ウオッカが生まれた、北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)に、生産牧場と、育成牧場を有し、多くの競走馬を自家生産で育ててきた、カントリー牧場もすでになくなり、過去帳入りしました。

ここの生産出身馬である、女傑・ウオッカも、遠い、ヨーロッパのアイルランドで、繁殖牝馬入りして以来、多くの仔馬を産んで行く、母・ウオッカとして、今日まで至っている、鹿毛のサラブレッド、これが、女傑・ウオッカです。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」
(その3へ。)

女傑・ウオッカ イングランドでの生活。 [海外繋養繁殖牝馬]

現役時代・栗東・角居勝彦厩舎に所属し、26戦10勝の成績を残すなど活躍し、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬及び最優秀4歳上牝馬を2回受賞し、2007年には特別賞を受賞しており、2010年3月4日(日本時間・3月5日)に、ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(8着)をラストランとして現役を引退、同年の4月1日(日本時間・4月2日)から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで繁殖牝馬として繋養生活を送っていて、翌・2011年に牝馬としては、24年ぶりの顕彰馬にも選出された、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカ(VODKA・牝・9歳・毛色・鹿毛・2004年4月4日生まれ・北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)産)が、今年の4月から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドに来て繋養生活を送っております。

女傑・ウオッカは、これまでに、凱旋門賞馬・シーザスターズの間に、VODKA2011(牡・2歳)・VODKA2012(牝・1歳)の2頭を出産しており、すでにVODKA2011は日本に到着し、北海道・浦河町の吉澤ステーブルにて、競走馬になる為の訓練を受けており、今年の夏か秋には、角居勝彦厩舎(栗東・女傑・ウオッカが現役時代に競走馬として管理した厩舎。)での競争馬デビューが予定されており、現在・牝1歳で、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シェシューン分場で、幼年時代を送っている、VODKA2012も、秋には競走馬生活を送る訓練及び育成の為、イギリス・オランダ経由で、日本に旅立つ予定になっており、女傑・ウオッカは、母・ウオッカとして、今後も繁殖牝馬生活を送ることになっている様です。

今年の3月まで、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シャーリーマウント分場にいた、女傑・ウオッカですが、昨年も凱旋門賞馬・シーザスタースとの種付け交配を行い、受胎して成功、マタニティライフを、送っておりました。

ところが、明け9歳になった、女傑・ウオッカに、今年の配合種牡馬、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配することが発表されたことから、女傑・ウオッカは、アガ・カーンスタッド・ギルタウンを離れ、イングランドの、サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドに移動して、お産をすることになり、馬運車に乗せられ、アイルランド・ダブリン州・ダブリン市(同国の首都)にある、ダブリン港にむかい、ここでフェリーに乗り海を渡ることになりました。

女傑・ウオッカは、アガ・カーンスタッド・ギルタウンを後に、長い道のりを走って、ダブリン港にむかいました。

女傑・ウオッカの、イングランドの生活が始まりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」
(その2へ。)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。