So-net無料ブログ作成

VODKA2013・誕生、2015年には、日本の中央競馬で競走馬デビューへ。 [女傑・ウオッカの産駒]

4月23日の午前5時15分(日本時間・午後13時15分)、女傑・ウオッカ(VODKA)は、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにて、第3仔・VODKA2013が無事に出産したのです。

VODKA2013は、昨年に続いて、凱旋門賞馬・シーザスターズを父に持つ、鹿毛の牝馬で、妹馬に当たります。

女傑・ウオッカの第3仔にあたる、VODKA2013も、姉に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊の、ギルタウンにある、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで生まれた、VODKA2012がいる牝馬の鹿毛馬です。

翌日から、4月30日ごろまでは、女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりました。

5月になり、VODKA2013は、女傑・ウオッカとは分かれて、隣接する馬房に移り、幼年生活を送り始めました。

ウオッカの2013年産駒という意味の、VODKA2013は、生まれてから1か月間、母である、女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりましたが、2か月目から、1頭で、生活を送っています。

姉で、1歳の牝馬になった、VODKA2012(ウオッカの2012年産駒)は、夏まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シェシューン分場にいた後、秋には競走馬デビューをめざすための訓練を受けるため、イギリス・ニューマーケット・オランダ・アムステルダム経由で、日本に渡るとの事で、2014年には競走馬としてデビューするとの事です。

イギリス・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにて、4月23日に生まれた、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)は、1歳になる、2014年の秋には、日本に行き、外国産馬の逆輸入馬として輸入され、2015年には日本で競走馬デビューすることになっており、所属厩舎も、母・女傑・ウオッカが現役時代に在厩しお世話になった、角居勝彦厩舎(栗東)に所属することになっている様で今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

この後、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)の母、女傑・ウオッカは、今月、今年の配合種牡馬で、世界最強馬になった、フランケル(FRANKEL)との種付け配合に挑む様で、うまく種付けし、受胎すれば、来年の春に、VODKA2014(ウオッカの2014年産駒)として、第4仔が生まれる予定になっており、3年後の2016年には、VODKA2014は、角居勝彦厩舎所属の競走馬として、日本の中央競馬にデビューすることになっているとの事です。

3年後の2015年に、競走馬として、日本の中央競馬デビューする、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)の、更なる成長を期待したいと想い、願っております。

遂に導入、JR西日本・287系「こうのとり」(KATO 4両基本セット・10-1107 3両増結セット・10-1108) [鉄道模型]


KATO 鉄道模型KATO 鉄道模型 Nゲージ Nゲージ 10-1107 287系「こうのとり」 4両基本セット




KATO 鉄道模型KATO 鉄道模型 Nゲージ 10-1108 287系「こうのとり」 3両増結セット



Link [KATO] 287系「こうのとり」/「くろしお」
http://www.katomodels.com/n/287kei/

Nゲージ・287系「こうのとり」(KATO).JPGNゲージ・287系「こうのとり」(KATO・2).JPG

2月に予約しながら、一旦延期していた、Nゲージの、JR西日本・287系新形直流特急電車「こうのとり」(4両基本セット・10-1107 3両増結セット・10-1108・KATO)が、5月23日に新発売され、ぼくとこにも、5月25日に、ホビーセンターカトー・大阪店の通信販売で、1セットを、購入・納車しました。

実車の287系新形直流特急電車は、JR西日本が2011年3月12日のダイヤ改正でデビューした車両で、現在・福知山線(愛称・JR宝塚線)・山陰本線・福知山以西(愛称・山陰海岸ジオパーク線)の特急「こうのとり」(新大阪・大阪~豊岡・城崎温泉間)をメインに、山陰本線・京都口・福知山以西(愛称・嵯峨野線・山陰海岸ジオパーク線)・舞鶴線・KTR 北近畿タンゴ鉄道・宮福線(全線)・宮津線(旧・JR西日本・宮津線 宮津~天橋立間)の特急「はしだて」(京都~天橋立)・「きのさき」(京都~城崎温泉)・「まいつ゛る」(京都~東舞鶴間)の一部に投入されて使用されており、2012年からは、特急「くろしお」(京都・新大阪・天王寺~白浜・紀伊勝浦・新宮間)でも使用されております。

夜間運転も考えて、LED室内灯・クリア(11-211・1両分 11-212・6両分 いずれもKATOで、純正品です。)を標準装備としている為、送料・700円と代引き手数料を入れた、27286円という定価販売で購入・納車した、豪華版です。

走らせてみると、フライホイール動力ユニットとLED室内灯・クリアの輝きも相俟って、素晴らしい走りを見せておりますが、運転中に、WPS28B・シングルアームパンタグラフの片方がカーテンに引っ掛かり、除けた途端に壊れたので、ASSYパーツのWPS28B・シングルアームパンタグラフ(2個1セット・525円+700円・送料・代引き手数料を入れた、1225円)を、ホビーセンターカトー・大阪店・通信販売係へハガキで注文し、購入する羽目になりました、その後は、脱線などの悪戦苦闘の末、ようやく素晴らしい走りを見せるようになりました。

遂に購入・納車し、導入・ゲットするに至った、Nゲージの、JR西日本・287系・新形直流特急電車 「こうのとり」(10-1107・4両基本セット 10-1108・3両増結セット KATO)を、今後とも、大切に扱い、末永い愛用を心がけて行こうと想い、願っております。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。