So-net無料ブログ作成
検索選択

KATO JR西日本 225系(0番台「新快速・快速」8両セット・6000番台〈丹波路快速〉6両セット) [鉄道模型]

225系6000番台〈丹波路快速〉(KATO・10-1201).JPGKATO JR西日本 225系0番台(2).JPG

ぼくが、所有している、Nゲージの1つに、KATOの、JR西日本 225系・近郊形直流電車があります。

実車は、2010年12月1日のダイヤ改正で、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線)の「新快速」でデビューした、JR西日本・近郊形直流電車の最新鋭車両で、223系0番台・1000番台・2000番台(3000番台)・5000番台・5500番台・6000番台の後継車両であり、0番台(内・42両は、6000番台に改番)と、5000番台・6000番台の3種類があり、現在・0番台は網干総合車両所に、6000番台が網干総合車両所・宮原支所に、5000番台が、吹田総合車両所(旧・吹田工場)・日根野支所に在籍し、0番台・6000番台が、「新快速・快速」(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線(東海道・山陽本線))・〈丹波路快速〉(JR宝塚線 (福知山線) )に、5000番台が、「関空・紀州路快速」(阪和線・紀勢本線(きのくに線) )と、いずれも、JR西日本のアーバンネットワーク各線で現役で活躍しております。

模型は、KATOとTOMIXの2大ブランドが、競作で製造され発売されておりますが、ぼくが購入したのは、KATOの製品であり、何れも、夜間運転に対応するため、室内灯を標準装備しております。

まず、2013年10月12日に、ホビーセンターカトー・大阪店にて、予約していました、225系6000番台〈丹波路快速〉6両セット(10-1201)を、同年12月13日には、225系0番台「新快速・快速」8両セット(10-871)を、いずれも、ホビーセンターカトー・大阪店にて購入・納車しました。

いずれも、室内灯には、KATOが開発した、LED室内灯・クリア(11-211・1両分・2個 11-212・6両分)を、225系6000番台には、6両分を、225系0番台には、同製品の6両分・1セットと、1両分・2個を採用して取付、標準装備としております、こうすることで、日中のみの運用は勿論の事、夜間運用にも対応する仕様車に仕立てております。
(ちなみに、室内灯取り付け費用は、車輛導入費用に含まれております。)

走らせてみると、どれも、フライホイール動力ユニットの動きと、LED室内灯・クリアの輝きも相俟って、素晴らしい走りを見せております。

どれも、新品で新製配置されており、今後とも大事に扱い、末永い愛用を心掛けて行こうと想い、願っております。