So-net無料ブログ作成
検索選択

UTOPIA=ユートピア(ユーティー) 遂に2014年~2015年の種牡馬シーズンの途中で、トルコへ売却。 [海外繋養種牡馬]

2008年から、アメリカニューヨーク州・サラトガスプリングスにある、MCMAHON SARATOGA THOROUGHBREDS(マクマホン・サラトガ・サラブレッズ)で種牡馬として繋養生活を送っている、栗毛のサラブレッド・ユートピア(ユーティー)が、2014~2015年の種牡馬シーズンの途中でトルコのSerder Kemar Ozcolak氏に売却され、同年シーズンの後半から、Karabey National Stud Farmにて新繋養馬として生活することが、判明しました。

2000年3月1日・北海道・勇払郡・早来町(現・安平町)・早来源武275番地のノーザンファーム・生産の、日本産馬である、ユートピア(ユーティー)は、父・フォーティーナイナー・母・ドリームビジョンで、ドリームビジョンの2000が、血統名のサラブレッドで、理想郷という意味の英語に由来する、栗毛のサラブレッドです。

現役時代・日米で、34戦9勝(内・31戦8勝までは、中央競馬時代に挙げたもの。)の成績を残しております。

馬主は、金子真人氏→金子真人ホールディングス(株)→チーム・ゴドルフィンと3回、所有者が変わり、所属厩舎が、栗東・橋口弘次郎厩舎→イギリス・モールトンパドックス・サイード・ビン・スルール厩舎と、変わっております。

ユートピア(ユーティー)は、2008年から、アメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスにある、MCMAHON SARATOGA THOROUGHBREDS(マクマホン・サラトガ・サラブレッズ)で、種牡馬として繋養生活を送り、現在に至っていて、一時期・テキサス州の、マクドネル・モット・ランチ・オブ・テキサスでも繋養生活を送った時もありました。

ユートピア(ユーティー)は、2014年3月1日に、牡・14歳の誕生日を迎えた、栗毛のサラブレッドで、サリーズドリーム・サロピアなどの代表産駒を送り出し、 ニューヨーク州を代表する繋養種牡馬として成長しましたが、トルコから、栗毛のサラブレッド・ユートピア(ユーティー)を新繋養馬として送ってやりたいという、オファーがMCMAHON SARATOGA THOROUGHBREDS(マクマホン・サラトガ・サラブレッズ)にあり、それに対し、MCMAHON SARATOGA THOROUGHBREDS(マクマホン・サラトガ・サラブレッズ)もそれに応じることになり、このほどユートピア(ユーティー)の売却が決まったのです。

UTOPIA「ヒュヒュヒュ~ン」

ユートピア(ユーティー)は、大きい雄叫びで、メドウビューファームでいななきました。

UTOPIA「ブルルルルルルル。」

いい鼻息を鳴らした、ユートピア(ユーティー)は大きい蹄を鳴らしました。

UTOPIA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

ユートピア(ユーティー)は、サラトガスプリングスパリスの大地を、大きい脚で蹴って、走っていました。

その、ユートピア(ユーティー)の、マクマホン・サラトガ・サラブレッズでの放牧も、8月末でみられなくなるとの事です。

北海道・勇払郡・早来町生まれで、2008年から長くアメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスで繋養生活を送って来た、栗毛のサラブレッド・ユートピア(ユーティー)も、9月上旬には、マクマホン・サラトガ・サラブレッズを馬運車にて出発し、ケンタッキー州・レキシントンのエルメンドルフファームに移動しここで30日間の出国検疫検査を受けた後、9月中旬には、飛行機で、2007年に競走馬として来て以来、長く生活したアメリカを去るとの事です。

アメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスの、マクマホン・サラトガ・サラブレッズで長く繋養生活を送って来た、ユートピア(ユーティー)が、新天地・トルコでの繋養生活を送ってほしいと、願っております。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

女傑・ウオッカ まる10歳の誕生日を迎えました。 [海外繋養繁殖牝馬]

すっぴんで、かわいい鹿毛の馬で、2010年から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで繁殖牝馬として送っており、昨年の3月からは隣国・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドに出張繋養生活を送っている、女傑・ウオッカが、4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・10歳の誕生日を迎えました。

10年前の2004年4月4日・北海道・静内郡・静内町(現・日高郡・新ひだか町)のカントリー牧場(2012年3月31日で閉鎖・解散)で生まれた、女傑・ウオッカは、幼年時代を過ごしており、産地馬体検査と受検と同時に預託された、栗東・角居勝彦厩舎の所属馬として、2010年3月18日(日本時間・3月19日)付で、競走馬登録を抹消されるまで、26戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に選出されるなど活躍しました。
(女傑・ウオッカは、引退後、2011年度の顕彰馬にも選出されました。)

女傑・ウオッカは、2010年から繁殖牝馬として、アイルランドで繋養生活を送っており、昨年からは隣国・イギリスにも出張しており、すでに3頭の仔馬を出産しております。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

VODKA「ブルルルルルル。」

ウオッカは、大きくいななきました。

ウオッカは、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、かわいくて、たくましい競走馬として成長してきた、鹿毛の馬です。

ただ、昨年・7月9日、女傑・ウオッカの母・タニノシスターが、老衰のため、牝・20歳(人間に例えれば、60~70歳前後)で息を引き取っております。

3頭の仔馬のうち、初年度産駒・VODKA2011は、ボラーレ(Volare=飛び立ちなさい)の競争名で、競走馬デビューしており、昨年は1年目産駒・VODKA2012が来日した処であり、2年目産駒・VODKA2013も、今年の秋には、オランダ・スキポール空港(アムステルダム)発の飛行機で外国産馬の逆輸入馬として、初来日する事になっているとの事です。


牝・10歳となった、今年・配合種牡馬が、昨年と同様にフランケル(FRANKEL)となっており、3月16日(日本時間・3月17日)に、無事・受胎し成功しました。
(女傑・ウオッカは、昨年・世界最強馬・フランケルと種付け交配し、いったんは成功したものの、流産していました。)

そして、女傑・ウオッカは、4月4日(日本時間・4月5日)に、牝・10歳の誕生日を迎えたのです。

現在も繁殖牝馬として、海のむこうのヨーロッパで繋養生活を送っている、女傑・ウオッカ、2015年には、待望のフランケルを父に持つ産駒が生まれる予定になっており、今後の推移を見守りたいと想い、願っております。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

JR西日本 223系6000番台「快速」 東海道・山陽本線 仕様車(KATO) [鉄道模型]

レールエキスポ 京都 2014(8日・8).JPG


(遂に、KATOから登場し、新発売された、Nゲージ・JR西日本 223系6000番台「快速」 東海道・山陽本線 仕様車 写真は、レールエキスポ 京都 2014 2日目に撮影されたもの。)

KATOから発売されております、 Nゲージ JR西日本・223系も、1000番台に始まり、2000(3000)番台と進化して来ましたが、今回・登場した、223系6000番台「快速」 東海道・山陽本線 仕様車は、Nゲージ・JR西日本 223系・近郊形電車シリーズの最新作で、4両基本セット・10-1205と、4両増結セット・10-1206の2本1セット(8両)からなる編成です。

実車の、JR西日本・223系6000番台は、223系2000(3000)番台の性能を、221系・近郊形電車に合わせた仕様車で、現在も、福知山線(JR宝塚線)の大阪~篠山口・福知山間を走る、〈丹波路快速〉を始め、東海道・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)の「快速」にも使用され、北陸本線の敦賀・東海道本線の大垣・山陽本線の上郡などにも顔を見せております。

模型も、今年の1月3日に、ホビーセンターカトー・大阪店で予約していながら、発売が遅れるなどとして、困っておりましたが、5月8日の新発売と同時に、同店で購入・納車しました。

夜間運転もするので、室内灯も、LED室内灯・クリア(11-211・2両分 11-212・6両分)を預かりの上取り付けた事から、送料・700円を入れた、32710円の定価販売で購入・納車し、9日に、宅配便でぼくの家に配達されました、もちろん、新品で新製配置されております。

又・223系6000番台 4両増結セット・10-1206は、同じKATOから、発売されております、ウオームギアを採用した、221系・近郊形電車(10-435・4両基本セット 10-436・2両増結セット)との連結運転も可能にしてあります。

動力ユニットには、すでに、KATOから発売されております、JR西日本・223系2000(3000)番台などでも使用されております、フライホイール動力ユニットを採用した、ハイグレードモデルになっており、スムーズな走行とも相俟って、素晴らしい走りを見せております。

5月18日の朝から運用を開始した、Nゲージ・JR西日本 223系6000番台「快速」 東海道・山陽本線 仕様車(10-1205・4両基本セット 10-1206・4両増結セット)は、6月8日のレールエキスポ 京都 2014の2日目に初めて登場し、1周でレイアウト運転体験をして、無事に走らせました。

今後とも、KATOのNゲージ・JR西日本 223系6000番台「快速」 東海道・山陽本線 仕様車を大切に扱い、末永い愛用を心がけて行こうと想い、願っております。



223系6000番台 4両増結セット【KATO・10-1206】「鉄道模型 Nゲージ カトー」



【カトー KATO Nゲージ 鉄道模型】10-1205 カトー KATO 223系6000番台 4両基本セット Nゲージ 鉄道模型 (N5781)