So-net無料ブログ作成
検索選択
女傑・ウオッカの産駒 ブログトップ

VODKA2012の馬名・Case By Case(ケースバイケース)に。 [女傑・ウオッカの産駒]

2012年4月24日・午前10時45分(日本時間・18時45分)に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・シェシューンで、女傑・ウオッカの第2仔として生まれ、昨年の秋に、オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で来日し、北海道・浦河町の、吉澤ステーブルにて育成されていて、その後・吉澤ステーブル・WESTに移動して育成されている、女傑・ウオッカの第2仔・VODKA2012(ウオッカの2012年産駒)が、今週中に所属厩舎となる、角居勝彦(すみいかつひこ)厩舎(栗東)に入厩することになりますが、競走馬名がケースバイケース(Case By Case)で、登録されていることが、判明しました。

もし、決定されれば、角居勝彦(すみいかつひこ)厩舎に所属する、女傑・ウオッカの産駒では、ケースバイケースが2頭目になり、ウオッカを母に持つ牝馬は初めてのケースになります。

今回、ケースバイケース(Case By Case)で登録された、VODKA2012は、2013年に初来日した牝馬のサラブレッドで、父がシーザスターズとなっている、黒鹿毛の馬です。

ケースバイケース(VODKAの2012)の母・ウオッカは、現在・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(シェシューン)にて繁殖牝馬として繋養生活を送っている、父・タニノギムレット・母・タニノシスター(2013年7月6日・死去)の仔馬で、今年の4月4日(日本時間・4月5日)で牝・10歳になったばかりであり、2013年からは、イギリス・サセックス州・ニューマーケットの、ジュモントファーム・バンスデッド・マナースタッドに出張繋養生活中であり、今年の3月には、世界最強馬・FRANKEL(フランケル)との種付け交配に挑み、受胎して成功、現在は来年の出産にむけて、マタニティライフをしております。

もう1頭の産駒・VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)は、今年の秋にも、オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で日本へ渡航され、外国産馬の逆輸入馬として来日する予定です。

遂に、ケースバイケースという、馬名にて登録された、VODKA2012の活躍を期待したいと想い、願っております。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

VODKA2013・誕生、2015年には、日本の中央競馬で競走馬デビューへ。 [女傑・ウオッカの産駒]

4月23日の午前5時15分(日本時間・午後13時15分)、女傑・ウオッカ(VODKA)は、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにて、第3仔・VODKA2013が無事に出産したのです。

VODKA2013は、昨年に続いて、凱旋門賞馬・シーザスターズを父に持つ、鹿毛の牝馬で、妹馬に当たります。

女傑・ウオッカの第3仔にあたる、VODKA2013も、姉に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊の、ギルタウンにある、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで生まれた、VODKA2012がいる牝馬の鹿毛馬です。

翌日から、4月30日ごろまでは、女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりました。

5月になり、VODKA2013は、女傑・ウオッカとは分かれて、隣接する馬房に移り、幼年生活を送り始めました。

ウオッカの2013年産駒という意味の、VODKA2013は、生まれてから1か月間、母である、女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりましたが、2か月目から、1頭で、生活を送っています。

姉で、1歳の牝馬になった、VODKA2012(ウオッカの2012年産駒)は、夏まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウン・シェシューン分場にいた後、秋には競走馬デビューをめざすための訓練を受けるため、イギリス・ニューマーケット・オランダアムステルダム経由で、日本に渡るとの事で、2014年には競走馬としてデビューするとの事です。

イギリス・ニューマーケット郊外の、ジュドモントファーム・バンスデッドマナースタッドにて、4月23日に生まれた、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)は、1歳になる、2014年の秋には、日本に行き、外国産馬の逆輸入馬として輸入され、2015年には日本で競走馬デビューすることになっており、所属厩舎も、母・女傑・ウオッカが現役時代に在厩しお世話になった、角居勝彦厩舎(栗東)に所属することになっている様で今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

この後、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)の母、女傑・ウオッカは、今月、今年の配合種牡馬で、世界最強馬になった、フランケル(FRANKEL)との種付け配合に挑む様で、うまく種付けし、受胎すれば、来年の春に、VODKA2014(ウオッカの2014年産駒)として、第4仔が生まれる予定になっており、3年後の2016年には、VODKA2014は、角居勝彦厩舎所属の競走馬として、日本の中央競馬にデビューすることになっているとの事です。

3年後の2015年に、競走馬として、日本の中央競馬デビューする、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)の、更なる成長を期待したいと想い、願っております。

VODKA2011が、初来日。 [女傑・ウオッカの産駒]

2011年5月2日(日本時間・5月3日)・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊 ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンでカントリー牧場(今年の3月末で閉鎖・解散)の名義で生産された、黒鹿毛で、初年度産駒の、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味・父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・母・女傑・ウオッカ・牡・1歳・毛色・黒鹿毛)が、10月31日・午後、新東京国際空港(千葉県成田市)に到着した飛行機で、初来日しました。

VODKA2011は、今年の10月上旬まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(AGA KHAN STUD GILLTOWN・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン)にて、幼年時代を送って来たもので、10月13日(日本時間・10月14日)に、同場を馬運車で出発し、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットで出国検疫検査を受けた後、オランダ・アムステルダム・スキポール空港に移動し、10月30日(日本時間・10月31日)・オランダ・アムステルダム・スキポール空港発の飛行機で日本への渡航をへて、10月31日の午後・新東京国際空港(千葉県・成田市)に無事に到着し、初来日しました。

新東京国際空港(千葉県・成田市)に到着した、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味。)は、2週間の着地検査を受ける為、動物検疫検査所(神奈川県・横浜市)へ移動し、現在も滞在生活を送っております。

今後・VODKA2011は、北海道・浦河郡・浦河町の吉澤ステーブルで、競走馬訓練などの育成をへて、牡・2歳になる来年の夏か秋には競走馬デビューをすることになっており、所属厩舎も、母・女傑・ウオッカが、現役時代にお世話になった、栗東・角居勝彦厩舎に入厩し、預託生活を送ることになっております。

又、アガ・カーンスタッド・ギルタウンには、2012年4月24日に、アガ・カーンスタッド・シェシューンで、安産にて出産した、VODKA2012(ウオッカの2012年産駒という意味・父・凱旋門賞馬・シーザスターズ・母・女傑・ウオッカ・毛色・鹿毛・牝・当歳)が、在厩し、幼年時代を送っておりますが、来年の秋には、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット・オランダ・アムステルダム経由で、日本へ輸入され、来日することになっております。

アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン生まれの、VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味。)が、外国産の逆輸入馬として、競走馬デビューをすることが出来るのか、期待したいと想い、願っております。

VODKA2011(ウオッカの2011年産駒という意味)の馬名は、Volare=ボラーレに。(


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
女傑・ウオッカの産駒 ブログトップ